ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic 連載と著作‎ > ‎

Magic 連載購読コーナーへのログイン手順

Magic の連載記事を購読するには、まずご購読のお申込みを行っていただく必要があります。お申込みの手続きはこちらです。

お申込みの手続きが完了し、購読用のメールアドレスが登録されると、タンダコンピュータのメンバーズコーナー(Magic 連載購読コーナー)にアクセスできるようになります。

以下は、Magic 連載購読コーナーへログインするまでの具体的な手順を解説したものです。必要に応じて参照してください。

はじめに Google アカウントを確認する

購読用のメールアドレスが Google の Gmail アドレス(○○○@gmail.com)である場合は、そのメールアドレスをそのまま Google アカウントとして使用することができます。購読用のメールアドレスが Gmail アドレスでない場合は、まずこちらのページにアクセスし、ページ右下にある「アカウントを作成」をクリックして、アカウントの登録手続きを行っていただきます。

※このときに、すでに他の Google アカウントでログインしている状態で上記の「こちら」のページにジャンプすると、ログインしているアカウント(既存アカウント)の編集画面に入ってしまいます。その場合は、その画面右上にある「ログアウト」をクリックして、一旦、そのアカウントからログアウトしてから別のアカウントを登録してください。

※購読用のメールアドレスがすでに Google アカウントとして登録してある場合は、この作業は不要です。

画像をクリックして拡大表示します

購読用のメールアドレスを次のように Google アカウントとして登録します。Google アカウントとして登録するメールアドレスは、会社のメールアドレスでも Yahoo や Hotmail 等のメールアドレスでも何でも構いません。連載購読用として申込みをされたメールアドレスをここに登録します。

※このとき、セキュリティ上の観点から、メールアドレスのパスワードそのものを Google アカウントのパスワードとして登録することはなるべく避けてください。あくまでも、Google アカウントを使用する場合だけのパスワードを決めて入力してください。

画像をクリックして拡大表示します

タンダコンピュータの Web サイトにアクセスする

Google アカウントへの登録が完了したら、次にタンダコンピュータの Web サイトにアクセスします。URL は http://www.tandacomp.com/ です。


画像をクリックして拡大表示します

メンバーズコーナーへのリンクをクリックする

連載購読用のメンバーズコーナーへのリンクをクリックします。メンバーズコーナーへのリンクは各所に配置されていますが、ここではタンダコンピュータのトップページ左下にあるナビゲータからのリンクをクリックする例を示します。

画像をクリックして拡大表示します

ドメイン外からのアクセスとしてログインする

メンバーズコーナーへのリンクがクリックされると、ログイン画面が表示されます。ここでは、tandacomp.biz のドメインメンバーとしてのログインを行うのではなく、外部からのゲストとして、「別のアカウントでログイン」のリンクをクリックします。

画像をクリックして拡大表示します

メールアドレスを入力してください」と表示されたら、購読申込済みのメールアドレス(なおかつ、上記で Google アカウントとして登録したメールアドレス)を入力します。

画像をクリックして拡大表示します

Google アカウントにログインする

アカウントが、連載の購読者として登録されているアカウントであると認識されると、アカウントのログイン画面が表示されます。ここで、Google に登録してある Google アカウント用のパスワードを入力します。

※ここに入力するパスワードはメールアドレスのパスワードではなく、Google アカウントとして登録されているパスワードですので、間違えないようにしてください。

画像をクリックして拡大表示します

Google アカウントが認識され、ログインが成功すると、下記のように Magic 連載購読用のメンバーズコーナーが表示されます。なお、ログイン時に使用するパスワードは、タンダコンピュータでは管理しておりませんのでお気を付けください。パスワードをお忘れになった場合は、Google 社へのお問い合わせとなります。

画像をクリックして拡大表示します

なお、iGoogle 等を利用して Google アカウントにすでにログインしている状態で連載購読コーナーにアクセスする場合は、パスワード入力の手順を省略することができます。また、ブラウザの同じセッション内で再度、連載購読コーナーにアクセスする場合は、メールアドレスの入力も省略することが可能です。

以上、皆様からのアクセスをお待ちしております。

タンダコンピュータ 丹田昌信