ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic V10 で作るイベントドリブン型プログラム

2008/11/24 4:21 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2009/02/14 2:55 に更新しました ]

第2回 SQL データベースの作成と Magic からの接続

 さて、これで無事に SQL Server 2005 Express と、その関連プログラムがインストールされたことになります。ただし、SQL Server の場合は、これをインストールしただけではまだ Magic 側からアクセスすることができません。Magic 側から自動的に SQL Server に接続するには、SQL Server 側にあらかじめ「データベース」を作成しておく必要があります。ここではまず、SQL Server 側にデータベースを作成する手順から解説します。

 なお、ここで言うところの「データベース」とは、Magic 側で作成するテーブル定義(ファイル辞書、データリポジトリ、データソースなどと呼ばれる定義)をまとめて保存しておく「器」のようなものを示し、Windows 上には基本的にひとつの物理ファイルとして保存されます。これにより、SQL Server 側では Windows のファイル管理から独立した形で、高速に SQL コマンドを解釈、実行できるようになります。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです