ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic V10 で作るイベントドリブン型プログラム

2009/04/03 0:54 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2010/09/24 2:40 に更新しました ]

第10回 サブフォームを使用したリッチクライアントタスク

 前回は、APG を使用して最も単純なオンラインタスクを作成・実行する方法について学びました。今回は、引き続き 1 対 N のサブフォームの構造を持つリッチクライアントタスクについて見て行きたいと思います。

リッチクライアントで受注伝票プログラムを作成する

 ここでは、すでに登録されている文房具店用のサンプルデータを使用して、受注伝票を表示するリッチクライアントタスクを作成します。

 プログラムリポジトリを開き、新しい行を作成して Ctrl+G で APG を起動します。APG パラメータで、オプション欄を「C=リッチクライアント」とし、メインソースを受注ファイルとします(画面1)。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです