ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic uniPaaS で作るイベントドリブン型プログラム

2011/02/06 6:58 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2011/03/13 18:56 に更新しました ]
第35回 SQL 上にユニークキーを自動生成する方法

 データソースのデータベースを従来の Pervasive(Btrieve) から SQLServer 等の SQL に置き換えようとした場合、かならずと言っていいほど起こり得る大きな問題が存在します。それは、ユニークキーの設定問題です。

 SQL では各々のデータソースにおいて、最低1個のユニークキーが必須であり、完全に重複するレコードの値は存在してはならない規則となっています。これに対して従来の Pervasive では、完全重複するレコードの値があったとしても、並び順を Pervasive に委ねることで、存在自体は可能となっていました。

 したがって、アプリケーションを従来の Pervasive データベース対応から SQL 対応に切り替えようとすると、この問題が常に発生して、特に数多いデータソースを取り扱っていた場合に、データベースの移植作業が思った以上に困難を極めるものとなるケースがあります。

 今回はこの問題に対応させる方法として、SQL 上にユニークキーを自動生成させる方法について学びます。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)