ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic V10 で作るイベントドリブン型プログラム

2010/05/10 6:46 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2010/09/24 0:44 に更新しました ]

第26回 コンテキストメニューの作り方(3) 

 今回は、コンテキストメニューの作り方の最終回です。これまでに、フォーム上の任意の位置からコンテキストメニューを開く方法と、フォーム上の特定のコントロール上からコンテキストメニューを開く方法を学んできました。そして、いずれの場合も、Magic の内部イベントを経由してプログラムをコールする方法の解説でした。 

 今回は、特定のコントロール上から、Magic の内部イベントではなく、開発者定義のユーザイベント経由でバッチタスク等のプログラムをコールするためのコンテキストメニューの作り方を学びます。 

コンテキストメニューからパラメータを渡す 

 はじめに、完成後のプログラムの動作確認をご覧ください。画面1は、受注伝票入力プログラムの修正モードでの表示です。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)