ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic V10 で作るイベントドリブン型プログラム

2009/07/01 22:57 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2010/09/24 2:32 に更新しました ]
第16回 ユーザイベントの「レコード更新前」と「レコード更新後」(2)

レコード更新前オプションとレコード更新後オプションの意味

 Magic のマニュアルを見ると、これら2つのオプションについては次のような記述があります。

(1) レコード更新前

 イベントを実行する前に現在のレコードレベルを終了します。(中略)イベントレベルが実行された場合、レコードはまだ更新されていないため、イベントレベルからレコードを参照してもレコードがまだ更新されていないものと見なされます。

(2) レコード更新後

 イベントは対応するハンドラを実行する前に現在のレコードを終了し、更新させます。(中略)イベントレベルが実行された場合、レコードはすでに更新されているので、イベントレベルからレコードを参照すると、更新された内容として参照できます。

 つまり、これらの表現を前回のサンプルプログラムの動作に例えると、次のようになります。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです