ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic xpa で作るイベントドリブン型プログラム

2016/09/05 23:03 に Masanobu Tanda が投稿
第102回 AWS で Magic xpa を使用する(5)

IIS(Web サーバ)のインストールが終わったら、次は SQL Server の設定と Magic xpa 開発版のインストールです。

SQL Server は AWS のマシンイメージ選択時に SQL Server 2014 SP1 が同梱されたものを指定しましたので、ここで行うべき作業は環境確認とデータベースの作成のみです。面倒なインストール作業が省けますので、とても楽です。

Magic xpa はまず開発版をインストールします。Magic xpa の開発版はWindows Server 2012 を正式にサポートしていますので、サーバにインストールするとしても、何ら心配はいりません。インストールに際して注意すべき点は、RIA のアプリケーションを作成する上での設定の確認です。

また、開発版を Windows Server に直接インストールしたときのメリットは、開発版をそのまま実行モードにして、デバッグモードで実行テストを行うことができる点です。テストのためだけにRIA サーバをインストールする手間が省けます(後略)。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)