ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic uniPaaS/xpa で作るイベントドリブン型プログラム

2015/10/07 1:13 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2015/10/07 1:15 に更新しました ]
第91回 ローカルデータベースの使い方

Magic xpa 2.4 より、Local データベースという機能が追加されました。これは SQLite の機能を拡張したもので、スマートフォンアプリを含むRIA アプリにおいて、デバイスごとにローカルに異なるデータを置くことができるという機能です。

ローカルにデータを保存するわけですので、サーバ側にはデータは流れず、Web ブラウザにおける Cookie やキャッシュのような使い方ができることになります。

今回はこの機能を利用して、業務アプリへのログオンパスワードを個々のデバイスにキャッシュとして記憶するという手法を学んでみたいと思います。(後略)。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)