ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic uniPaaS/xpa で作るイベントドリブン型プログラム

2015/08/02 23:38 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2015/08/02 23:41 に更新しました ]
第89回 コール公開名の使い方について

Magic で様々なシステムを作り続けていくと、その全体像を統合できるようなトップメニューが必要になってくることがあります。そのとき、バラバラに存在している個々のプロジェクトをどうやって統合していけばよいのかが課題となります。

たとえば、すでに「顧客管理システム」、「販売管理システム」、「生産管理システム」という3つのシステムが存在しているとして、これらを1つのメニューにまとめることを考えてみましょう。画面1がそのようなメニューの一例となります。

このメニューは1つのプロジェクトとして生成されているのではなく、3つの管理システムを1つのメニューにまとまた形で表示しています。それぞれのメニューをクリックすると、次のように3つのシステムに分岐するようになっており、それぞれのシステムは異なるプロジェクトとして製造されています(後略)。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)