ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic uniPaaS で作るイベントドリブン型プログラム

2012/02/02 2:19 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2012/02/02 2:19 に更新しました ]
第47回 外部キー制約について(3)

 さて、これまでの外部キー制約の(1)と(2)にて、外部キーを使用した1対Nのデータリレーションが可能であることを解説してきました。今回はその最終回として、外部キーを利用した場合の「データの同期」の問題に焦点をあてて見ていきたいと思います。

プログラムの構造を検証

 画面1は前回の(2)で使用したサンプル画面ですが、この画面は通常の「サブフォーム」を利用して作成したプログラムでした。ご存知のように、サブフォームは親子関係のタスクが並行して動作するプログラムですので、子タスクと親タスクが同じタイミングで開始・終了します。タイミングのずれによるデータの同期問題が発生することがありません。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)