ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic uniPaaS で作るイベントドリブン型プログラム

2012/01/06 23:23 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2012/01/06 23:26 に更新しました ]

第46回 外部キー制約について(2)

 前回は外部キー制約の基本的な使い方について学びました。つまり、特定のマスターテーブルに対して、データリンク先の使用中のレコードの存在を保証するというのが外部キーの使用目的でした。

 実は、外部キー制約は、このような1対1のデーリレーションに対して用いられるのみならず、1対 N のデータリレーションに対しても用いることができるのです。その典型的なパターンが、1対 N の受注ヘッダと受注明細行の関係です。

 今回は、その使用法について学んでいきます。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)