ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic uniPaaS で作るイベントドリブン型プログラム

2011/12/05 18:18 に Masanobu Tanda が投稿
第45回 外部キー制約について

 SQL 上のテーブルにおいては、依存関係にある2つのテーブルに、「外部キー」というキーを設定して、2つのレコード間の整合性を維持させることが可能になっています。

 たとえば、受注テーブルに顧客コードを登録したとして、その顧客コードをもとに顧客テーブルから顧客名を引用して、それを画面に表示しているとします。

 このとき、何らかの拍子に顧客テーブルからその顧客レコードが削除されてしまったりすると、受注テーブルからその顧客レコードにリンクを張ることができなくなってしまい、画面表示に不具合が生じてしまうことになります。

 このような場合に、「外部キー」という機能を使用すれば、使用中のリンクレコードを誤って削除してしまったりすることがないように、レコードを保護することができるようになります。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)