ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic uniPaaS で作るイベントドリブン型プログラム

2013/10/06 19:48 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2013/10/06 19:50 に更新しました ]
第67回 モデルの継承について(2)

 前回からの続きです。前回の例でみましたように、「全特性を継承」のボタンは使い方によっては危険を伴う場合があります。用途を完全に理解したうえでないと、うかつに押してはいけないボタンであるともいえます。

 今回は、モデルがすでに適用されているカラムに対して、その項目特性の一部を変更したい場合の操作法について解説してみたいと思います。

 前回は、モデル定義に際して、最終的に「DBカラム名」の欄もモデル側の特性シートに定義しました。そのときの画面が、次の画面1および画面2となります。「DBカラム名」の欄が青い太字で定義されています。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)