ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic uniPaaS で作るイベントドリブン型プログラム

2012/07/06 0:35 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2012/09/06 0:02 に更新しました ]
第52回 ウィンドウ拡大・縮小時のレイアウト自動調整

 近年は、ディスプレイの解像度も拡大化傾向にあり、もはや 1024×768 の解像度は世の中の主流でなくなってきています。

 これにともない、業務アプリケーションの画面表示のレイアウトやサイズも多種多彩な選択肢が要求されるようになり、プログラマーへの負担も大きくなるケースが往々にして生じます。

 今回は、この画面表示のレイアウトやサイズの調整に焦点をおき、uniPaaS に備わる自動調整機能をどのように活用したら良いかを学んでいきます。

 なお、ウィンドウサイズやレイアウトの自動調整機能は、uniPaaS においては従来のオンラインタスクであっても、あるいはリッチクライアントタスクであっても共通の機能でありますので、ここではリッチクライアントの画面を用いて解説を進めていきたいと思います。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)