ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

記事概要 Magic uniPaaS で作るイベントドリブン型プログラム

2011/06/05 18:48 に Masanobu Tanda が投稿
第39回 SQL Where 句の書き方(2)

 前回は SQL コマンドを用いて、文字列の部分一致検索を超高速に行う方法について見てきました。Pervasive で52秒掛かった検索が、SQL コマンドを使うことによって、わずか2秒という時間に短縮されたわけですから、まさに驚異と言えるスピードです。

 今回は、検索されたレコードを修正して、データベースに書き戻すという作業について見ていきたいと思います。Pervasive においては当たり前のような作業なのですが、SQL になると少々、勝手が違います。

 (以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)