ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

第175回 位置(0.0.0.0)パラメータの使い方

2022/10/04 0:38 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2022/10/04 0:59 に更新しました ]
2022年9月30日

 通常、モバイルアプリは実行時にフルスクリーンで表示されることが多く、さまざまな画面サイズのモバイルが存在する昨今では、各デバイスごとにフォームを作成して用意するというのは実質、不可能に近いものがあります。

 そこでMagicには、フォーム上に配置されたコントールのサイズや実行時の位置を各デバイスの画面サイズに合わせて、常に自動的に拡大・縮小、あるいはレイアウトしてくれるというオプション機能が用意されています。これが、今回ご紹介する「位置パラメータ」です。

 この機能を利用すると、1つのフォームを作成して用意しておくだけで、フォーム設計時の縦幅、横幅とは異なるサイズのモバイル上でプログラムが実行されても、そのサイズに合わせてフォームが自動的にバランス良くレイアウトされます。

 今回は、この「位置パラメータ」の使い方について解説してまいりたいと思います。

 なお今回から、使用するMagicのバージョンはMagic xpa 4.8.1となります(後略)。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)

第175回(2022年9月30日号)目次

1 ボタン配置のバランスの例
2 自動調整なしのiPhone 13とiPad Air
3 自動調整されたiPhone 13とiPad Air
4 位置パラメータの所在
5 コントロールの位置ダイアログ
6 4つのパラメータの意味
7 まずは横幅の自動調整から
8 横幅自動調整後のiPhone 13とiPad Air
9 横幅の拡大率の微調整
10 左余白と右余白を決める計算式
11 横幅の左右余白微調整後の画面
12 各ボタンの高さと Y 座標の調整
13 最初にボタンの高さの自動調整
14 ボタンの Y 座標を求める計算式
15 5つのボタンを植木算式に定義
16 iPhone 13とiPad Airでの最終実行画面