ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

第173回 マウスホイールによるレコード間移動を無効にする

2022/08/01 3:26 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2022/08/01 3:27 に更新しました ]
2022年7月31日

 マウスに搭載された「マウスホイール」はたいへん便利な機能である反面、Magic の画面を操作するうえでは現場のオペレータの人々にとって不可解な動きであると感じられる場面も出てきます。

 うかつにマウスホイールを回してしまったがために、フォーカスがカレントレコードから移動してしまい、編集中のデータが意図しないタイミングで保存されてしまってパニックに陥るということがまれに発生します。

 実際のところ、プログラムの開発現場では Magic 上でこのマウスホイールの動きを禁止することができないだろうかという要求がよく出るのですが、マウスホイールのイベントを直接取得する方法はこれまでのところ、まだ用意されておりません。

 そこで今回は、このマウスホイールのイベントの代わりになるものを取得し、状況に応じてそれを有効にしたり無効にしたりするテクニックについて解説してまいります(後略)。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)

第173回(2022年7月31日号)目次

1 プログラム実行時の例
2 「登録:No」の問題点
3 空白イベントの登録
4 F4 キーの操作は有効
5 Page Down キーの操作も有効
6 なぜそのような動きになるのか
7 イベント特性にその仕組みが
8 F4 キーと Page Down キーのイベント
9 個々のタスクでの設定は不要
10 ラインモード時での副作用
11 ラインモード時の対処法
12 定義式の意味
13 ラインモード時の動作確認
14 スクロールバー使用時の注意点