ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

第164回 macOS Big Sur+Xcode13+iOS15 の環境でビルドする

2021/11/04 7:02 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2021/11/04 7:07 に更新しました ]
2021年10月31日

 「Mac OS X 以来、最大のアップグレード」と謳われた macOS Big Sur のリリースから約1年が経過し、先ごろ9月21日には iOS も最新版の iOS15 がリリースされました。それにともない、Xcode も最新版の Xcode13 がリリースされたわけなのですが、果たしてこれら最新の環境で Magic xpa 4.7.1 添付の iOS プロジェクトが問題なく動作するのであろうかという点が我々マジッシャンの最大の関心事となりました。

 そこで今回は、iOS プロジェクトに関する既存の記事を最新版にアップデートすべく、「macOS Big Sur + Xcode13 + iOS15 の環境でビルドする」と題して、Magic xpa 4.7.1 に添付されたiOSプロジェクトの動作検証を徹底的に行っていきたいと思います。

 あわせて、大幅にリニューアルされた Apple 社のデベロッパーアカウントサイトの操作法の解説もまじえて、プロビジョンニングプロファイルの生成法も再度、確認して参りたいと思います(後略)。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)

第164回(2021年10月31日号)目次

1 iOS プロジェクトの所在
2 macOS 側にコピー
3 Xcode プロジェクトの実行
4 General タブの表示
5 iPhone シミュレータでの実行
6 ビルドの開始
7 シミュレータの表示
8 シミュレータ上での Magic 起動
9 URL 入力の画面
10 シミュレータ上でのアプリアイコン
11 iPad タブレット上での表示
12 iPhone 実機での動作確認
13 最初はビルドエラー
14 エラー内容の確認
15 自動署名の設定
16 iPhone 実機へのインストール
17 通知の許可
18 URL 入力画面の確認
19 アプリアイコンの確認
20 iPhone 実機のデバイス登録