ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

第163回 メニューの「Android で実行」を Magic xpa 4.7.1 で試す

2021/10/03 22:35 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2021/10/03 22:58 に更新しました ]
2021年9月30日

 Magic xpa 開発版のプルダウンメニューにある、「デバッグ」→「Android で実行」の使い方は本連載の2017年10月31日号と同11月30日号ですでに解説しましたが、あれから4年の歳月が経過した現在、Windows も大きく変わり、Magic xpa のバージョンも4.7.1となりました。

 そこで今回は、Winodows 10 + Magic xpa 4.7.1 の環境で、「Android で実行」の機能を試すための手順を、最新の環境をもとに解説していきたいと思います。

 「Android で実行」の操作が可能になると、Android 実機での動作検証を行うために毎回、Magic のプロジェクトを実行するという手間が省けるようになり、Windows マシンに USB 接続された Android 上で、プログラムリポジトリから直接、F7 キーによる実行が可能となりますので非常に便利です。

 また、Magic のモバイル RIA においては、個々のタスクは Android 用も iOS 用も共通なので、Android で動作検証の済んだプログラムはそのままで iOS 上でも動作するということが確認できますので、iOS RIA の開発においてもこの機能の活用は有益です。

 ではさっそく、「Android で実行」の最新の利用法について学んでいきたいと思います。使用するサンプルプログラムは前号(2021年8月30日号)で作成した APG プログラムの商品一覧(Products)です。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)

第163回(2021年9月30日号)目次

1 通常の F7 実行の場合
2 Android で実行を有効にした場合
3 デバッグ用クライアントのコピー
4 Android 側のセキュリティ設定
5 デバッグ用クライアントのインストール
6 開発者向けオプションの設定
7 USB デバッグの設定
8 USB ケーブルでの接続
9 デバイス ID の識別
10 IP アドレスの確認
11 リクエスタ IP アドレスの登録
12 メニューから Android で実行
13 プログラムリポジトリから F7 で実行
14 Android 機上での実行確認
15 「Android で実行」の解除
16 USB デバッグの解除
17 開発者向けオプションの解除