ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

第161回 RIA タスクのタスク特性にあるオフライン機能とは

2021/08/03 3:37 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2021/08/03 3:38 に更新しました ]
2021年7月31日

 画面1は、弊社製品の「Magic バーコード読み取りライブラリ for iOS」を使用して、百均のダイソーのレシートにあるバーコードを読み取ろうとしているときの画面です。iPhone のカメラの中心部をバーコードに近づけると、一瞬にしてバーコードを読み取ってしまうので、ここではわざと中心部をずらして表示しています。

 弊社製のこのライブラリは、Magic のリッチクライアントタスクに組み込んで、iPhone のカメラを用いて使用する構成になっているのですが、現実的にはバーコード読み取りの現場というのは、往々にしてインターネット回線の電波が微弱であったり、あるいはインターネット接続が全くなかったりするようなことがあります。

 そこで今回は、インターネット接続の無いような環境でも Magic の RIA アプリケーションを正常に動作させることができるようにする、Magic の「オフライン」機能について解説していきます。なお、この Magic のオフライン機能を使用すると、不慮の災害で Magic のアプリケーションサーバがダウンしているような状況であっても、アプリケーションを引き続き正常に動作させることが可能となります。

 では早速、順を追ってその設定法を見ていくことにしましょう。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)

第161回(2021年7月31日号)目次

1 プログラムリポジトリのオフライン設定
2 タスク特性のオフライン設定
3 オンラインによる実行検証
4 バーコードの読み取り完了
5 インターネット接続無しの場合のエラー
6 バーコード読み取りプログラムの構成
7 オフライン欄を ON にする
8 Magic アプリケーションの実行
9 iPhone アプリの実行
10 Magic アプリケーションを一時停止
11 iPhone アプリの再実行
12 クライアントアプリ起動の確認
13 高速起動パラメータの設定
14 クライアントアプリの再実行
15 iPhone アプリ正常起動の確認
16 iPhone 機内モードでの動作検証