ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

第141回 WebClient のインストール

2019/12/02 22:58 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2019/12/02 22:58 に更新しました ]
第141回 WebClient のインストール

Magic xpa 4.x 日本語版の初期バージョンは2019年12月24日(クリスマス・イブ)にリリースされる予定となっており、2019年11月に各地で開催された Magicians Meeting での発表によると、初期バージョンは 4.5a になるとのことです。

Magic xpa 4.5a には待望の WebClient 機能が搭載される予定で、前号でもお伝えしたように、Magic が Angular と連携して Web ブラウザ上でシングルページアプリケーションを実現するという、この業界でもかつて類を見ない画期的な構図となっています。

そこで今回は、この WebClient アプリを作成するうえで、あらかじめ必要となる外部ツールのインストール方法や環境構築について、本連載購読者の皆さんに徹底的に解説してまいりたいと思います。

例によって、Magic は他の言語の知識がまったく無くても、すぐれた業務アプリを構築できるという理念のもとに構成されていますので、Node.js や Angular の知識がまったく無くても、最新の Angular アプリが作成できてしまいます。Magic の RIA においても、Objective-C や Java のコーディング知識がまったく無くても、iOS アプリや Android アプリが作成できてしまったのと同じです。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)