ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

第127回 インタフェースビルダで Android クライアントを作る(4)

2018/10/01 20:05 に Masanobu Tanda が投稿
第127回 インタフェースビルダで Android クライアントを作る(4)

JDK と Android Studio のインストールが完了したら、あとは Magic 側に用意されたウィザード(インタフェースビルダ)を実行するだけです。ウィザードの完了とともに、Android 機へのインストーラである .apk ファイルがバックグラウンドで自動生成されます。

ビルドに際しては、基本的に Java や Android SDK のコマンドを直接、操作する必要はありません。以前は SDK のコマンドを直接実行してビルドを行っていましたが、今は特別な設定が必要でない限り、コマンドの知識も不要です。Magic のウィザードが自動でビルド作業を行ってくれます。 

ここでは、このウィザードである「インタフェースビルダ」の使用法を中心に解説してまいります。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)
Comments