ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

第124回 インタフェースビルダで Android クライアントを作る

2018/07/03 0:41 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2018/07/03 0:44 に更新しました ]
第124回 インタフェースビルダで Android クライアントを作る

Android クライアントの場合は、iOS クライアントのようにインストーラへの各種証明書の埋め込み手続きは必要ありません。著作権を侵害しない限り、誰がビルドして誰に配布しても、自己責任としての扱いになります。Windows クライアントと同じ方式です。ただしその分、業務アプリケーションとしてのセキュリティが甘くなりますので注意が必要です。

ここでは、前回までの iOS クライアントの生成に続き、Android クライアントの生成とインストールの実際について学んでいきます。

開発実行環境としては、Android 7.0、JDK 8 Update 101(Magic xpa 3.2 添付のもの)、Android Studio 3.0.1を使用します。Android クライアントの場合は、開発環境の微細なバージョンの違いでエラーが発生することが多々ありますので、手順にそって正確に環境を整えてください(後略)。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)