ホーム‎ > ‎Magic xpa‎ > ‎Magic xpa 新連載概要‎ > ‎

第122回 インタフェースビルダで iOS クライアントを作る(3)

2018/05/02 22:33 に Masanobu Tanda が投稿   [ 2018/05/02 22:35 に更新しました ]
第122回 インタフェースビルダで iOS クライアントを作る(3)

前回は Magic のインタフェースビルダ(リッチクライアントビルダ)を用いて、iOS 用の Xcode 用プロジェクトを生成するところまでを学びました。今回はその第3回目として、macOS の Xcode 上にそのプロジェクトをロードし、Xcode 付属のシミュレータ上で実行するところまでを学習します。

なお、開発実行環境は2018年4月30日現在の最新版である、macOS High Sierra バージョン 10.13.4、Xcode 9.3、iOS 11.3.1 とします。これ以前のバージョンでは画面表示、ならびに細かな動作が異なる場合がありますのでご注意ください。

また、2018年4月30日の段階では Magic xpa 3.2c PT1 と Xcode 9.3 の環境で、iOS のステータスバーと Magic アプリのナビゲーションバーが重なってしまう問題は解消されていませんので、あらかじめご了承ください(後略)。

(以降、本編に続きます。本編ご購読のお申込みはこちらです)